« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月29日 (木)

お料理教室6月

_028  6月のお料理教室のメニューは、

 *「えびと胡瓜のサラダ」

 *「アスパラガズのオーブン焼き」

 *「トリナクリア風のブッカティーニ」

             (シチリア風、茄子・赤ピーマン入りトマトソース)

                *「ヨーグルトプリン」 の4品でした。  

_029_1  そしてノンナお手製の「サラダ」もついて、

 今回も、どのお料理もおいしく、久しぶりに

 子どもの幼稚園のお迎え時間を気にせず

 ゆっくりできたせいか、ワインをガブガブいた

だいてしまい、ちょっと反省しましたが・・・・・! とても満足でした!

初夏向けのメニューとしてはさすがバランス良く、特にえびと胡瓜の上に

バジルをのせていただくサラダは、さっぱりとし夏っぽくそして、パスタは

_030  夏っぽいナスとパプリカが入るわけですが、

 この他に、アンチョビやケッパー、黒オリーブ

 なども入り、意外としっかりした味付けなので

 アンティパストとの相性が良いのに納得

でしたデザートのプリンは、さっぱりレモン風味でこれまた夏っぽい!

お料理の色と味と匂い・・・視覚と味覚と嗅覚の共感覚で、さわやかさを満喫

_031  でき、幸せのひとときでした。

 しつこいようですが、「幸せ」という感覚&

 気持ちを持つということは「心のエステ」には

 とても必要なこと。心がささくれ立っていたの

では、満たされていないネガティブ感情で一杯になり悪循環!

それが体のSOSとして出てきてしまうこともあるかもしれません。

ですから、自分にとって「しあわせだな~」と感じることをしてあげることは

心や体を健康に保つために大切なのではないかと思います♪♪

*******************************   ここのところ ~~~~  

修了生の勉強会やカルチャーなどでご一緒させていただいた方々は

意外と「自分に愛情を与えていない」方が多いよう。

セラピーは全てバランスなので、与えるのみの愛だけでなく、自分にも

同じくらい愛を与えてあげなくてはならないのです。

アヴァターラ式に言えば・・・「人間は、愛と光なくしては生きていけない」

と言うとおり、ご自身と周りとの愛のバランスをたまには考え振り返って

いただくのも良いのではないかと思います☆☆☆

話反れますが、ちなみにボトルを使ったカラーセラピーは色と香りの共感覚

でセラピーの相乗効果をねらうというコンセプトがあります。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月26日 (月)

センセーションカラーセラピスト養成講座~マンツーマン

Pict1078_1 今回マンツーマンで開講させていただいていた

 「センセーションカラーセラピスト養成講座」が

 終了しました。受講生の方は、50代の素敵な

 女性の方。偶然にも出身が私と同じ福島で、現在

 田無市にお住いなのですが、都内に「健康と癒し

 のお店」をオープンされるということで場所を探さPict1083_4

  れていらっしゃいました。そして昨日お見えになり

 お店の場所が決まったと!・・・それがなんと

 この養成講座を開講している場所である西小山

 ということではありませんか!偶然が重なり!驚い

てしまいました。このような似たパターンが私には多く、

過去の受講生が偶然にもこの西小山近辺にお住まいだとか、ご実家が

あるとか、、、かなりいらっしゃいまして、お問い合わせの時にお互い

驚いてしまう事があるのです。私にとってこの場所はきっと

ご縁のある場所なのでしょうね。

きちんとしたサロン&スクールのスペースを自由が丘あたりでなんて

考えてはいるのですが、このようなご縁が続くと西小山から離れてしまう

のも~~と躊躇してしまったりするのです。(ちなみに主に養成講座を開講

している場所は、主人の職場のスタッフルームなのです)

人と人とのご縁や場所のご縁など、、、大切にしないといけませんよね

***********************************************************

さて話は講座内容に戻り・・・マンツーマン指導の際は、リーディング練習の

時に聴講生がいない限り、私がクライアント役になります。

ボトルを選ぶ時はワクワクするもの。気持ちを真っ白にしてピュアな気持ち

で選びます。よくセラピストの卵の方々や、カルチャーの受講生の方々が

色の意味を知っているだけにボトルを選べない!とおっしゃるのですが、

私は特にそのようなことはありません心に響く色や目に飛び込んでくる色

が瞬時でわかる場合がほとんどです。気持ちを切り替えること、自立訓練の

ように心地よい心や体の状態にもっていけることピュアな感覚になれること

、、、はセラピストに必用なことなのではないかと私は思っています。

今回3・4本目~現在の領域で選んだボトルが上の写真の2本。レッド

スプリンググリーン。現在の所でこの2色の組み合わせを選ぶのは私にとっ

ては珍しいので、自分でも今の状況を振り返り、セルフリーディングしてみる

と!やはり納得!!~~~~ここ2~3日、何だか非常に「焦る」自分がいて

逆に自信喪失気味だったり、何かを行動に移さなくちゃといろいろと考えて

いたり、、、。自分のペースが失われていたようなのです。そして、肉体的

も忙しくお疲れ気味で~。情熱はあるのに、その想いが強すぎるために焦っ

てしまう自分がいたのですね。なぜ焦るのか、情熱が強すぎるのか・・・・

それがスプリンググリーンの「新しい自分のスタイル」「新しい何かをはじめ

たい」「さらに自分を成長させ自分の居場所を確立したい」などの気持ちが

内面にぎっしり詰まっていたからなのですね。そして、それは全て周りとの

比較から生まれてくるものであり、もっと自分を大切に、自分のペースで、

自分を信じて・・・というようなメッセージを色から受けとった気がしました。

***************ポジティブにとるのなら~現在はいろいろな新しいことに

取り組み始めています。仕事の面でもプライベートの面でも。そこから新しい

刺激をもらい、新しい世界を内心楽しんでいる自分もいたりするのです!

このボトルセレクションとリーディングで何だか心のモヤモヤが晴れました

これぞセラピー効果なのですね~!。セラピストの皆さん、たまには自分で

ボトルを選び、セルフリーディングしてみてくださいね。セラピストだから故に

気付ける事たくさんあると思います。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月24日 (土)

娘とカラーセラピー~アヴァターラ

_004_1   以前の日記にも書きましたが、

 娘が自分の意志で8年間続け

 てきたピアノを辞めて早3週間

 最近、娘の表情にハリが戻って

 きたようで・・・親としては少し

 安心し、ボトルセレクションで

確認してみようと(笑)~。 今回は娘が気に入っているアヴァターラカラー

セラピーのボトルから2本選んでもらうことにセンセーションカラーセラピ

ーのボトルとは違い「迷っちゃうな~」なんて言いながら、目は輝いていて

結構すぐに選び出したのが上のボトル。今回は子供なので、2本に限定。

アヴァターラの正式なセレクション法ではないけれど、少々アレンジして

使用するのもまた味があってよいもの。。。。。!

************************************************************

1本目・・・イエロー/グリーン    2本目ヴァイオレット/ターコイズ

アヴァターラ式だと1本目は、現在すぐに何とかしなくては~というような

問題点・課題点・気になっていることを示します。

実は少し前にお友達の人間関係に悩み、かなり本人は引きずっていて

自信喪失していた時期があり、(私も一緒に悩んだくらいのヘビーなやつ!)

まだどこかに抜けきれずイエローのネガティブ面「心配」「恐怖心」にでている

ようで、7月の夏の学校に楽しく仲良くいけるかが不安のよう・・・・

しかし、いろいろ話をしながら、母としては、「でも最悪の時期は脱した」と

確信!。そして娘は現在以前のような心の重さはないとのこと。よかったあ!

何よりも娘の話す表情が笑顔だったので乗り切れるだろうと~。がんばれえ!

ちなみに、話を聴くときには、相手の非言語的部分の観察が大切なのです!

下層のグリーンはアヴァターラでよくでてくる意味のひとつ「スペースの必要性

娘は娘なりに、自分のスペース~学校での居場所を見つけ始めたところ

のよう。 ほっとした安心感と、またうまくいかなかったらどうしよう。。。という

不安感と、感情入り乱れているようですが、これも精神的成長の過程では

必要なことと認識し、親としてはただただ一歩距離を置きながら見守って

いくしかありません。 これは子供の問題だけでなく親の成長の問題でも

あるのですね~。**********************************************

でも、オーラライト的に読み込めば・・・・人間関係やきちんとした居場所に

明るい光があたってよい状況に変化していく過程というポジティブにもとれる

ので、娘には「大丈夫!と暗示をかけモチベーションを上げてあげました

そして2本目の問題解決に向けての対処法としては・・・・・これまた状況が

あてはまっていて笑ってしまったのですが、ヴァイオレット~娘はふとした

瞬間に自分のワールドに入り込み、空想の世界というか、、、周りが

見えなくなってしまうところがあり、そして、理想主義のところも。

「あまり自分のワールドに浸りすぎず、周りのお友達のことを良く見ていてね」

ターコイズの「あまりお友達に言われたことをいちいち気にしないことね」と

それぞれ、色のメッセージという事で注意点を娘に伝えたわけでした

カラーセラピーのボトルは、あなどれないコミュニケーションツールです

毎回子供に選んでもらうと、こんな事を思い考えていたのだと新たな発見が

あります。これが子供と向き合うということのひとつなのではないかと感じて

います。 でも~一人目の子供は親も初心者なので、一難去ってまた一難!

いろいろと鍛えられますう~。。。  今日の日記長かったかしらん。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月21日 (水)

綱島カルチャーセンター

今年の1月から綱島カルチャーセンターで開講していた全6回の

カラーセラピー&心理カウンセリング」講座が終了しました。

この講座は、センセーションカラーセラピーリップカラーセラピー・そして

アートセラピーのワーク等を組み込んだコラボセミナーとして提案させていた

だいた、私のオリジナルの講座です!

これから、ティーチャーとしてセミナーを開講していきたいという方が

いらっしゃるかと思いますが、講座の具体的なカリキュラム決め企画

そして教材として何をつけるのか、配布資料の作成など・・・・開講準備は

大変であり楽しくもあり、ピンと閃いた瞬間などは何とも言えない感覚があり、

だから故に続けていられるのだと思います。ですから、ご自身がやりたいと

思うセミナーがあるのであれば、ぜひがんばってチャレンジしていただきた

いと思っています

*************************************************************

_018  さて、最終回はアートセラピー的要素を

 取り入れた人間関係のカラーマップ

 作成です。これは、小さいお子さんから

 高齢者の方々まで、幅広く行うことが

出来る簡単なものなのですが、色や形大きさ場所などから、自分を

中心にした人間関係の濃さや想いがストレートにあらわれていたりして

なかなかあなどれない部分があり、そこから人間関係を受け入れたり

課題を見つけたり、どうありたいのかがはっきりとわかったりと、客観的

に人間関係を考えさせられるよいきっかけになるワークなのです

家系図を書くよりも、もっともっと深いものが読みとれたりするのです。

ちなみに私も過去何回かこのワークを体験していますが、結果、自分が

いかに家族に依存してきたか、守られてきたか、がはっきりとわかり

自立程よい距離感の必要性をメッセージとして受け取った記憶がありま

!  受講生の方々も、多少なりとも、何らかのメッセージを受け取られた

のではないかと思います。

受講生の皆さん、6ヶ月間本当にお疲れ様でした。

この期間に体験されましたことをぜひ生活の中で役に立てていただけまし

たら嬉しいです。毎回和気あいあいと講座を開講させていただけましたこと、

心から感謝申し上げます♪

またお目にかかれますことを期待して   お元気で~!

***また新しい講座内容でリニューアル!企画検討中です。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

アヴァターラカラーセラピー2nd終了

_037_1  本日無事アヴァターラカラーセラピー

 2ndコースが終了致しました。

 受講生の皆様、大変お疲れ様でした。

 AM10:30~PM8:00までの長丁場

 でしたので、さぞかし今頃クタクタな

のではないかと思います。~~~その上、ジーコJAPANは引き分けドロー

で・・・・疲れが増してしまったのではないかと心配していますブラジルに

絶対勝たなければならないのですね~。あーしんど・・・・。

ちょっと話ずれちゃいましたが、**********************************

今日は講座の2日目でしたので、ボトルNO27~52までの確認とリーディン

ロールプレイング、そして模擬授業を行っていただきました。

リーディングは回数を重ねることにより確実にスキルアップしていくもの

1stコースから2ndコースにかけて何度か練習してきましたので、だんだん

コツを感じられてきたのではないかと思います

最初はシステムに馴染めない方もいらっしゃったかもしれませんが、ここま

でくればきっとアヴァターラカラーセラピーの良さを認識し愛着が出てきた

のではないかしらとひそかに期待している鶴岡なのです

受講生の皆様いかがでしたでしょうか?

模擬授業は、皆さんとても良かったですよお~。自信をもって大丈夫。

システムリーディング法をこれだけ復習すれば、きっと身体に深く沁みこんで

いるはず!体感が全てですから、きっと良いティーチャーになられるのでは

ないかと思います。・・・・・認定試験、合格してくださいね~。がんばれー!

でも~何度見てもアヴァターラのボトルはキュートでかわいい!!

早く、ライトレイズシリーズ作ってくれないかしらん。あと、ボトルケースも。。

   次回アヴァターラカラーセラピスト1stコースは7月開講です。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月17日 (土)

昭和女子大オープンカレッジ

_027_1 昭和女子大学オープンカレッジで

開講していた「センセーションカラー

セラピー入門講座(全3回)」が終了

しました。

受講生の方々お疲れ様でした。

今回は1ヶ月に1度の開講日程でしたので、ゆっくりだったorあっという間

だったなどなど感じられたかと思いますが・・・・どちらでしたでしょうか? 

約28日周期で自分を見つめなおす時間を持つことは、程よい期間での

振り返りになると思いますので、実は自分の感情の変化等がよくわかったり

と気付きが多くなるのです

今回はフルリーディング手法の把握でしたので、3本選んだ時よりも色の

メッセージが多くなりご自身に当てはまることが前回より多かったのではない

かと思います。そして、6本セレクトでしたのでカラーハーモニーの組み合わ

せチェックも致しました♪♪

このセンセーションカラーセラピーシステムの独特な考え方のひとつに

「カラーハーモニー」の対を見つけるという事柄があり、過去・現在・未来の

それぞれの2色どうしが、カラーハーモニーの対で選ばれていたら、

そこから更なる新しいエネルギーが生まれる」と解釈されていて、いわば

大吉ボトルのようなものになります★★~故に、この2色が最終的にヒーリン

グカラーとなる場合も多く、それだけに重要な役割も果たすことになるのです。

でもでも!!選ばなかったからといって、落胆することはありません。

実際選ばれる方のほうが率が少ないのです。選ばなかったから私は良くない

の?という考え方は一切ありませんので安心してくださいね。

そして、未来は否定することなく期待多くモチベーションを高めていきます

ちなみに上記写真がハーモニーカラーの組み合わせです。

**************************************************************

今回の受講生の方々は~「ご自身にとって、本当にすべきもの&こと

ご自身の可能性を知る」 「現在種を蒔き、新しくスタートさせたことを

肯定してあげる」・・・・・など、ご自身ときちんと向き合い、考えることが出来る

方々ばかりで感心してしまいました。

この講座で何かをつかんで&きっかけをつくって、今後生活に色を役立てて

いただけたら嬉しいなと思います。

何かのご縁でこのお時間を共有させていただけましたこと、心から感謝

致します!        また何かの機会にお会いできたら嬉しいな・・・・。

   昭和女子大学オープンカレッジでの講座は夏季はお休みさせていただ

   きます。(昨年亡くなりました母の新盆や一周忌で会津若松へ帰省の

   ため)

   ★★秋季からは~新しく「アヴァターラカラーセラピー」を講座に導入

   する予定です。企画の締め切りが迫っているので、内容提示急がな

   くちゃ!!

   ★★センセーションカラーセラピスト養成講座は随時開講しています。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

アヴァターラカラーセラピー2nd開講

_019  日曜日にアヴァターラカラーセラピー

 2ndコースがスタートしました!

 度々、日記に準備段階の気持ちを

 書いていましたが、何とか間に合い

 無事スタートでき内心ホッとしてい

 ます。

2ndコースはティーチャーズステージなので、今度は教えていく立場から

アヴァターラを見ていかなくてはなりません。私なりに、自分の講師として

経験してきたことを織り込みながら、どのようにポイントをつかんで伝えて

いったほうが良いのかをお伝えしていけたらと思っています。

全2日間の日程ですが、今回の1日目は午前中に勉強会があり、お昼

休憩を含んで夜7時30分近くまでの集中でしたので、受講生の方々は

さぞかしお疲れのことだったと思います!本当にお疲れ様でした。

そして2日目には模擬授業をお一人ずつ行っていただくことになっています。

皆さん、この1週間、大きな宿題があるようで大変かと思いますが、これも

良い機会だと思いがんばってくださいね

コースの課程を修了しますと、いよいよ認定試験です!全員合格していた

だきたいと心から願っています。そして、アヴァターラカラーセラピーのファシ

リテーターとして、どんどん活躍していっていただけたらと思っています♪♪

**************************************************************

上の写真は、アヴァターラカラーセラピーボトルの中の「SOSボトル」3本

です。フィジカルSOS (レッド/パープル)・ メンタルSOS (グリーン/パープル)

スピリチュアルSOS(ヴァイオレット/パープル)の3つに分かれますが、

52本の中、上記どれかのボトルに惹かれる場合はそれなりの理由があり、

肉体面やメンタル面、スピリチュアル面等について、ご自身を振り返っていた

だくことになります。

アヴァターラカラーセラピーのシステムは、過去~現在~未来のリーディング

方法ではなく、かなり課題面やその解決方法を認識していく部分が多いので

セラピスト側としても慣れるまで複雑さを感じるかもしれませんが、慣れてくる

と明確に自分の課題がわかり、かなりの意識付けにもなり、そこから今までの

行動や考え方とは違ったものが生まれて新しい自分を感じられるのではない

かと思います。 

     2nd受講生の方々~また来週よろしくお願いします!

     真剣に、そして楽しくすすめていきましょうね★★

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

6月修了生勉強会~その2

ジーコJAPAN・・・・ 初戦負けてしまい相当ショック!! いい気持ちで

応援していたのにい。こんな気持ちでブログを書くことになるとは・・・・

カラーセラピーでは~ショックを受けた時には、オレンジに惹かれるケース

が高く、裏を返せば、オレンジはショックを吸収してくれる色ということに

なります。 今の私はオレンジ!!を欲しています・・・   あーあ  ・・・・

*************************************************************

気を取り直して~

Img_0097_3  6月修了生勉強会週間を終了。

 木曜・土曜・日曜コースの受講

 生の方々お疲れ様でした。

 今回は4月に続く「オーラライト

 カラーセラピー」の体験版でした

 がいかがでしたでしょうか?

オーラライトのシンボルマークは上の写真にもあるとおり、ユニコーンです。

一角獣で第3の目をもつと言われる架空の生き物。マークにもあるとおり

一角の角が長く伸びていると思います。ここはあらゆるものを感じ取ること

が出来る直感のすぐれた所とも言われてるのです。そして オーラライトは

別名・・・特にヨーロッパ各地では・・・ユニコーン2000」と呼ばれ親しま

れているシステムです

オーラライトには、いくつかおもしろいシステムの考え方があり、そのひとつが

前回日記に書いた「カラーリンク」の話。あとは、「ミッシングカラー」といって

選ばなかった色にも注目すること!この選ばなかったカラーが今必用な

ヒーリングカラーに結びつく可能性が高かったりするわけです。

センセーションカラーセラピーシステムにもこのミッシングカラーの概念が

入ってきますが、オーラライトの方が色のカテゴリー分けがされていて

なかなかおもしろかったりするのです!

*************************************************************

今回の私の感想は~~ 皆さんが 「クリア」が入ったボトルを選ぶケースが

高かったこと。

実は私も最近「クリア」&ホワイトにかなり惹かれているのです。

前の日記~カルジェルのところで書きましたが~自分なりに納得できる理由

を把握しているつもりです。受講生の方々もご自身なりに納得できる理由

見つけられたでしょうか? この作業がセラピーでは大切なのです!

勉強会に参加されていらっしゃる方々は、自ら参加されたいと思ってお見えに

なっている方々なので、「常に自己内省し自己を高めたい」という意識が

強い方々なのです!立派だと思います!

「クリア」には、高い可能性・新しいスタート・全能な・などなど意味があげ

られるので、きっと皆さん・・・・「自分を常に見つめ、自分の力を見極め、

新しい自己の可能性を信じて新しいスタートをきりたいと思っている」のでは

ないかと思います。

自分を高めるときにはその背景に、不安だったり、心配だったりといろいろな

ネガティブな感情が伴うかと思いますが、自分を信じどうぞもっともっと飛躍

していっていただきたいと思っています♪♪  来月もよろしく~

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com*** 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

6月修了生勉強会

Img_0093_1 今週は6月の勉強会週間

です。今月のテーマは

オーラライトカラーセラピー

です。3月にもご紹介しまし

たが、今月は正式なボトル

セレクションにチャレンジしていただきます。基本は4本選びますが、人により

5本・6本~と選ぶ可能性の方も出てきます。それは~オーラライトカラー

セラピーシステムのおもしろい考え方のひとつ・・・1本目と4本目にカラー

リンクを求める・・・という考え方があるからです!人生はサイクルであり、

初めと終わりには必ず繋がりがあるものだと解釈され、故に1本目の色と

4本目の色をチェックし、同色や同系の色が入っていればリンクされている

と見なされ4本で終了。なければ、ノーリンクとし、新たにもう1本選んでい

ただくようになります。*********おもしろいでしょう!!***************

木曜コース6名の方は、半分がノーリンクでした。一般には9割方4本で

終わる方が多いそう!ボトルの数が増えるだけ色のメッセージも多くなる

ので、皆さん「自分をもっと見つめたい♪」という方が今回は多かったの

かもしれませんね。  

オーラライトカラーセラピーは2層のボトルで80本もあるので、単色10本の

センセーションカラーセラピーとはかけ離れているシステムと思われがち

ですが、かなりコラボできる共通要素があり・・・・基本的には、色の意味も

普遍的(集合的)無意識から派生してくるものが多いので、どのシステム

でも共通の意味が多いのはあたり前なのですが・・・・ ですから

センセーションの修了生の方々はオーラライトで色を選んでも自分でセルフ

リーディングできるスキルを持っているはずのです

そして、いろいろなシステムに触れることにより、更にセラピストとしての

ご自分の枠を広げていかれることと思います。 

時間の最後にはミッシングカラーを導き出しヒーリングボトルを決定して

いただきました。土曜コースと日曜コースがまだ残っているので、この続きは

また報告したいと思っています!  受講生の方々の反応が楽しいです

   息子が昨夜から熱を出しています。

   久しぶりの40度。いつもワイルドな彼も今回はさすがにトロリン~。

   今、高熱が出る風邪が流行っているそう。手洗い&うがいをマメにして

   気をつけましょうね。

   ちなみに私が病気の時は~紫~に惹かれます。

   紫は細胞レベルから癒し再生してくれる色です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

カルジェル

                     今日は3~4週間に1度のネイルチェ

Photo ンジの日。いつもお世話になっている

のは、二子玉川にあるカルジェル

専門サロン~APRILのネイリスト

鴻上さん。このサロンのオーナー

さんでもあります。           

下の息子、2人目を産んでから爪に栄養がいかなくなり、うすーくスケスケ

状態でちょっとぶつけてしまうと折れてしまう爪になり、ずっと悩んでいたの

ですが・・・・息子が幼稚園に行き始めて多少時間が出来たのでサロンを

探していて出会ったのがここでした。

カルジェルは仕上げていただくのに約2時間かかるので、ネイリストさんとの

相性というのも大切だと思うのです。仕事ではセラピストということもあり

人のお話を聴く機会が多いので、私にとってオフの時間にいろいろと

逆に話を聴いてもらえることは、とても貴重であり~~これが心のエステに

繋がっているとも言えるのです。

カラーセラピーリーディングには、ベースにカウンセリングの手法が入ってき

ます。相手の話に共感し受容し傾聴する・・・・簡単そうで難しい!

そして、もうひとつ、セラピストとして・・・話を聴いてもらうことが「どんなに

ストレスを発散でき心をスッキリと出来ることか」を体感することが大切なの

ではないかと思います。体感したことは、何のトラノマキが無くても人に伝え

ていくことができるからです。

セラピストは自分の中で、話を聴くことと聴いてもらうことのバランスをしっかり

とっていくべきではないかと常々感じています。ですから、プライベートでは

自己の心の健康を維持するために、多少の投資も良いのではないかと思う

今日この頃なのです!!

*************************************************************

今日の気分は、というより最近の気分は「ホワイト」。

今日のネイル写真も~普段あまりしない・・ホワイトのフレンチにしてみま

した。

ひかれる色を身に付けると何だかとても落ち着くんです。

これも日常何気なく行っているカラーセラピーのひとつなのです!

ひかれるというのは、今必用だからひかれるのです!

理由があるはずなのです!・・・・そんな時には、色の意味を思い出して

当てはまることを心で確かめながら自己認識していきます。

そうすると~スーッと心が楽になる~これが私のいつものスタイルです。

色はなかなかあなどれない・・・心を映し出す鏡なのですよ♪♪  

ホワイト~最近の私、今まで積み重ねてきたものを一度リセットして、

もっともっと自分の精神性を高めたいと思っています♪ 新たなる何かが

変わっていくそんな時期を向かえているような感覚です。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

娘とカラーセラピー

Pict1066 センセーションカラーセラピスト養成講座に携わり

 多くの受講生の方々とお時間を共にしてきました。

 このセンセーションカラーセラピーシステムは、

 シンプルでわかりやすいという利点からか、

いろいろな場面で使っていきたいというご要望が

多く・・・センセーションコラボ法がたくさんあり、システムは同じでも、

人によりこんなにたくさんのセンセーションカラーセラピー法が存在する

のだなあ・・・とつくづく関心する今日この頃ですが、、、

私の場合もプライベートで、かなりこのシステムにお世話になることが

多く~。ありがたい限りなのです。*******************************

今日、娘が3歳半の時から続けてきたピアノを辞めました。今日が最後の

レッスン日。長く続けてきたお稽古を辞めるのは今回がはじめて。

レッスン終了後、娘と先生と私の3人で思わず涙ぐんでしまいました。

小さい時から、何でもやってみたい!タイプの娘は、一度始めると

なかなか辞めようとせず、ある時期は毎日のように何かしらのお稽古の

予定が入っていて、こちらがやめてほしいとお願いしても絶対に続けると

がんばるくらいの性格で、親を困らせたものでした。

そんな中で、ずっと続けてきたのがバレエとピアノと英語でした。

その娘が5年生になり、何となく今までの考え方や価値観に変化が出て

きたようで~親としても「あれっ?何か違うぞ!」といろいろな場面で感じる

ことが多くなり、今までの親子間の付き合い方を少しずつ変えていかなけれ

ばならない時期にきているのかなあ~と悩んだりもしていました。

最終的に娘自身がピアノを辞めることを決断。理由は、少しゆっくりしたい。

とのこと・・・。確かにバレエの発表会の練習で土日休みなく、学校での

合唱部活動のため朝連もあったり、塾の宿題、そこにピアノの練習となる

と大人が見ていても、大丈夫かなあと思っていたところでした。

今回の娘の決断は、少しづつ大人になってきた、そして何でもかんでも

勢いだけでは乗り越えられないことを学んだ~精神的成長と受け止め

無理にピアノを続けさせることはやめました。

Pict1082  ***************************************

   娘が最近気になる色は、上の写真「Violet」と

  「Rose」だそう。 ああやっぱり!  

  紫はかなり疲れている時に&癒されたい時

  選びやすい色。また、精神的成長自己内省

自分の目標について真剣に考えて行く時期にも選びやすいボトル。

最近の娘を見ていると、全てあてはまります。納得!

ピンクは愛情の色。大人になっていく精神的成長の時期だからこそ

娘自身は、不安なこと心配なことが多いのでしょう。だから故に、温かく

見守ってほしいという愛情を欲しているのだと思います。

私もこのところ忙しく、一緒にお風呂に入ってあげれない日が続いていた

ので、反省。そう言えば、「一緒にお風呂にはいろう」と娘がよく言ってくる

ことを思い出し、ピンクの色の意味と重ね、親としてのあり方を見つめ

直していかなければならないと痛感させられました。

カラーセラピーは、私と子供を繋ぐコミュニケーションツールなのです

改めて再確認・・・。

センセーションカラーセラピスト養成講座を6/25.7/2に開講します。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »