« 娘とカラーセラピー~アヴァターラ | トップページ | お料理教室6月 »

2006年6月26日 (月)

センセーションカラーセラピスト養成講座~マンツーマン

Pict1078_1 今回マンツーマンで開講させていただいていた

 「センセーションカラーセラピスト養成講座」が

 終了しました。受講生の方は、50代の素敵な

 女性の方。偶然にも出身が私と同じ福島で、現在

 田無市にお住いなのですが、都内に「健康と癒し

 のお店」をオープンされるということで場所を探さPict1083_4

  れていらっしゃいました。そして昨日お見えになり

 お店の場所が決まったと!・・・それがなんと

 この養成講座を開講している場所である西小山

 ということではありませんか!偶然が重なり!驚い

てしまいました。このような似たパターンが私には多く、

過去の受講生が偶然にもこの西小山近辺にお住まいだとか、ご実家が

あるとか、、、かなりいらっしゃいまして、お問い合わせの時にお互い

驚いてしまう事があるのです。私にとってこの場所はきっと

ご縁のある場所なのでしょうね。

きちんとしたサロン&スクールのスペースを自由が丘あたりでなんて

考えてはいるのですが、このようなご縁が続くと西小山から離れてしまう

のも~~と躊躇してしまったりするのです。(ちなみに主に養成講座を開講

している場所は、主人の職場のスタッフルームなのです)

人と人とのご縁や場所のご縁など、、、大切にしないといけませんよね

***********************************************************

さて話は講座内容に戻り・・・マンツーマン指導の際は、リーディング練習の

時に聴講生がいない限り、私がクライアント役になります。

ボトルを選ぶ時はワクワクするもの。気持ちを真っ白にしてピュアな気持ち

で選びます。よくセラピストの卵の方々や、カルチャーの受講生の方々が

色の意味を知っているだけにボトルを選べない!とおっしゃるのですが、

私は特にそのようなことはありません心に響く色や目に飛び込んでくる色

が瞬時でわかる場合がほとんどです。気持ちを切り替えること、自立訓練の

ように心地よい心や体の状態にもっていけることピュアな感覚になれること

、、、はセラピストに必用なことなのではないかと私は思っています。

今回3・4本目~現在の領域で選んだボトルが上の写真の2本。レッド

スプリンググリーン。現在の所でこの2色の組み合わせを選ぶのは私にとっ

ては珍しいので、自分でも今の状況を振り返り、セルフリーディングしてみる

と!やはり納得!!~~~~ここ2~3日、何だか非常に「焦る」自分がいて

逆に自信喪失気味だったり、何かを行動に移さなくちゃといろいろと考えて

いたり、、、。自分のペースが失われていたようなのです。そして、肉体的

も忙しくお疲れ気味で~。情熱はあるのに、その想いが強すぎるために焦っ

てしまう自分がいたのですね。なぜ焦るのか、情熱が強すぎるのか・・・・

それがスプリンググリーンの「新しい自分のスタイル」「新しい何かをはじめ

たい」「さらに自分を成長させ自分の居場所を確立したい」などの気持ちが

内面にぎっしり詰まっていたからなのですね。そして、それは全て周りとの

比較から生まれてくるものであり、もっと自分を大切に、自分のペースで、

自分を信じて・・・というようなメッセージを色から受けとった気がしました。

***************ポジティブにとるのなら~現在はいろいろな新しいことに

取り組み始めています。仕事の面でもプライベートの面でも。そこから新しい

刺激をもらい、新しい世界を内心楽しんでいる自分もいたりするのです!

このボトルセレクションとリーディングで何だか心のモヤモヤが晴れました

これぞセラピー効果なのですね~!。セラピストの皆さん、たまには自分で

ボトルを選び、セルフリーディングしてみてくださいね。セラピストだから故に

気付ける事たくさんあると思います。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

 

|

« 娘とカラーセラピー~アヴァターラ | トップページ | お料理教室6月 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178013/10686993

この記事へのトラックバック一覧です: センセーションカラーセラピスト養成講座~マンツーマン:

« 娘とカラーセラピー~アヴァターラ | トップページ | お料理教室6月 »