« お料理教室6月 | トップページ | アヴァターラティーチャー認定試験 »

2006年7月 3日 (月)

センセーションカラーボトル

_009_2   センセーションカラーセラピー

 システムのグラスボトルがこの

 夏から国内生産に移行されま

  す。

 今までオーダーするとカナダ

 から商品が届くのに混んでい

る時は約1ヶ月もかかってしまいましたので、セラピストとしては嬉しい

情報ですね

今年から発信しているアヴァターラカラーセラピーのボトルも国内生産なので

万が一、トラブルがあった時にも素早く対応してくださりありがたい限りです。

もともと、センセーションのボトルは上の写真のプラスチックボトルから始まり

ました。と言っても、現在も購入可能でセラピストの好みにより、使い分けが

されているようですが。このプラボトルは、きれいなロゴとボトルの裏側にも

雰囲気のある文字体で英文が書かれているところに特徴があります

しかし、それ故に本来の色が見えにくい・プラスチックですとどうして発色が

良くないなど・・・の内容があり、日本の要望でグラスボトルが作られたと

聞いています。ちなみに、私がメチエで講習を受けた時は、まだプラボトル

での実習でした。その後すぐにグラスボトルが手元に届き嬉しかったことを

覚えています。

グラスボトルにも変遷があり、始めは丸いラウンド型のタイプから始まり

ました。オーラライトのボトルの形にやや似ていました。このタイプは受講生

の方々にも大変人気したが、ある時、丸型から角型にモデルチェンジされ

るという連絡があり、現在のボトルに切り替わりました。

そして、この夏、またまたボトルチェンジされるとこ事!!しかも国内生産

このように、ボトルの変遷を辿ってみると、自分が受講した思い出から始まり

養成講座を開講し来ていただいた受講生との思い出など、ボトルの形の

違いによりいろいろと思い出されます。 ~シミジミ~

でもこれは、センセーションが進化しているということなのですよね

*********************当時10~11年くらい前、実は私はオーラソーマの

勉強をしたいと思いコースを探していました。現在と比べますと、都内でコース

を開講しているところはごくわずかで必死で探し日程を見ると、きまって都合

が合わない状態でした。こちらがどうしてもと思い、探しても探してもこのような

状況で・・・・私には縁がないのかなあと落ち込んでいた矢先、このセンセー

ションのシステムに出会いました。受講場所が名古屋ということで、しかも

長女がまだ4歳の頃で、家を空けるのをためらったのですが、家族や姉が

協力してくれ不思議と受講がクリアになったのでした   

そして、橋本先生と出会いその知識の豊富さと教え方&お話のされ方に感動し、

そこからメチエとのお付き合いが続いています。

過去、色の基礎から始まりいろいろな勉強をしてきたつもりですが、メチエの

発信してくださる内容に、こんなにお世話になるとは思ってもみませんでした。

(笑)  ご縁って、本当に不思議ですよねえ。そしてそれは、全て私にとって

必然だったことと感じています。感謝!感謝!です。

ですから、私にとってセンセーションはかなり思い入れのあるシステムなのです

今じゃ、検索すると数十万件もの内容がひっかかってきます。当時は、2ページ

あるかないかの数だったのに~。 ティーチャーの数も増え。。。。

これからも、使命を持って色の世界を伝えていきたいと思っています。

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

|

« お料理教室6月 | トップページ | アヴァターラティーチャー認定試験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178013/10771353

この記事へのトラックバック一覧です: センセーションカラーボトル:

« お料理教室6月 | トップページ | アヴァターラティーチャー認定試験 »