« アヴァターラボトルケース | トップページ | AVATARA1stコースとボトルキャンペーン »

2006年9月13日 (水)

9月修了生勉強会

_027_2  先週は勉強会週間でした。

 8月はお休みでしたので、久し

 ぶりに受講生の方々にお会い

 でき、変わりない居心地の良さ

 に感謝し、とても楽しいお時間

 を過ごさせていただきました

木曜・土曜・日曜コースの皆様、お疲れ様でした!

さて今月は時間があきましたので、まずはセンセーションのセルフリーディング

そしてメインは、リュッシャーカラーテストがどんなものなのか・・・実際に体験

していただくことでした。私がこの夏、施行資格を取得するということはアナウ

ンスさせていただいていたのですが、実際の中身は、私も受講してみないと

わからないので、お楽しみに~! としかお伝えしていなかったので、みなさん

心待ちにしていてくださったようです

**************************************************************

さて、カラーテストは実際どのように行われていくのか~ですが、、、

色票集である「カラーテーブル」に載せてあります色の中から、順次好きな色

や嫌いな色、形などを、カラーサイコアナリストの誘導のもと、選んでいきます。

アナリストは、クライアントの答えを「プロトコルフォーム」という用紙に記入し

最後に集計を出して、ここは重要&注意!という要所にチェックを入れます。

それをもとに分析結果を伝えながらカウンセリングが行われるのですが、

基本はデータ学・統計学なので、答えはひとつ?と思いきや、これまた読みが

複雑で、いろいろな側面から丁寧にいくつかの解釈がなされるようになるのです。

この読み込み方は、カラーセラピーのようにファンタジックに勝手に想像して

話を膨らませてもいけないので、そのあたりの境界が難しいようです!

ですから、これもいくつものケースを体験することで、深く的確に分析すること

ができるようになるわけですね。

でもここでいう「分析」とは、受身ではなのです。客観的に自分を見ることにより

自らが、「自分が陥りやすいようなネガティブパターン」にならないように意識する

ことに重点がおかれ、故にセラピー的アドバイスも付け加えられ、かなり納得

することが出来るのではないかと思います。**************************

勉強会の皆さんは~といいますと、今の状態のところで、かなりお疲れ気味の

方が多かったこと。快適さや居心地の良さを欲していたり、特に体面での消耗感

を感じていたりと、、、。その上、頭ではわかっているけど、休んでいる暇はない!

と逆に拒否していたりする方もちらほら見られ。結果を聞き、うなずいている方

が多かったようです。ちなみに、上記はリュッシャーブラウンに関わってくる要素

になります。パーソナリティーの部分では、意外に++4の方が少なく、++1

方は一人もいなかった、、、。ということは++2++3の方が多かったって

こと?(色は全て番号での表記なので、このように表現になってしまいごめんな

さい。)   このパーソナリティー部分のお話はまた今度!

   ・・・・・私は、++4のタイプで、家族もが多い。(笑)

      みんな、自由が好き、だから拘束・束縛されるのもイヤ。

      お互いこのことを尊重していければベストでしょうが、エゴイメージ

      になってしまうと、みんな離ればなれ、家族のまとまりなくなりますう。

      とすると、これが鶴岡家の課題のひとつになるわけなのですね(笑)!

  と言いながら、私は明日も好き勝手に仕事を入れさせていただきました。

  明日はAM10:00~PM9:00過ぎまで、カラーセラピー総論部分の

  掛け持ち講義です。しっかりがんばらねば!帰宅したら、家族のフォローも

  気をつけなくちゃ。。。。

     最近、平日コースも開講しています!~

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら http://colorist-tsuruoka.com***

|

« アヴァターラボトルケース | トップページ | AVATARA1stコースとボトルキャンペーン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178013/11883370

この記事へのトラックバック一覧です: 9月修了生勉強会:

« アヴァターラボトルケース | トップページ | AVATARA1stコースとボトルキャンペーン »