« ジュエリーライトセラピーのご案内 | トップページ | バウハウス式カラーテストコースのご案内 »

2008年6月 3日 (火)

5月AVATARA修了生勉強会

Blog_061_2 5月勉強会のご報告

 が遅れてしまいました。

 毎度の事ながら、本当に

 ごめんなさい。

 もう今週末からは6月の

 センセーション勉強会

なってしまいますhappy02ということで、5月はAVATARAカラーセラピーの勉強会

した。このアヴァターラカラーセラピーシステムですが~勉強会ご参加の方で、

セラピストとして活動されていらっしゃる方々からのご報告によりますと、最近

セッションのお問い合わせがとても多いとのことup人気上昇中らしいのです。

(確かに、当スクールでのアヴァターラコース受講者の数も増えてきています)

さて、今回の勉強会はまず、新しいアヴァターラヒーリングツールの「AVATARA

エアミスト」のご紹介。とてもかわいいボトルなので、皆さん、シュッシュと手の平

や付け根に振りかけてプチイメージング。そんなに強くないアロマの香りが優しく

スペースに香り、とても心地よい感じで楽しまれていたようです。 これまたかなり

人気が出そうなツールになりそうですheart 

Blog_073  今回のメインは、リーディ

 ング実習です。勉強会に

 参加されていらっしゃいま

 す方々のスキルは、かなり

 幅があるのですが、まだ

 まだ初心者モードの方には

必ずリーディングを始める前に、手元に(配布シート)に読んでいくボトルNOを

記入し、上下のそれぞれの色名&そしてヒドンカラーも全て出しておき、準備

ができた段階でリーディングに入っていただくようお願いしております。もちろん、

リーディングする時のご自身の課題&目標も決めて、何を意識してスキル

アップを図るかも忘れずに明確にもっていただきますflair 掲げる目標はこれまた

いろいろで、中には久しぶりでかなり間があいてしまったので「AVATARA」

システム自体を思い出すことが目標です!(笑)なんておっしゃる方もいらっしゃい

ます。が、これはこれで良い目標だと思いますし、本当にこの時間をご自身のた

めに使っていただけたら嬉しいなあと常々思っているわけなのです。

ちなみに、上記目標を持った方の振り返りは、「ちゃんとシステムの流れが思い

出され、これからは心新たに勉強をし直していきたいshine」とのこと!何だかとても

嬉しい気持ちになってしまいました。だって、せっかく投資して取得したライセンス

ですから、たんすの肥やしにはぜったいになって欲しくないですし、受講して

良かったと思えるように、いろいろな場所で活用してほしいと思うのですconfident

今回から、AVATARAの色の意味のトーク集も皆さんでシェアすることに致し

ました。これにより、ご自身の中で??と思っていたようなカテゴリーの問いかけ

は、はっきりと&明確になられるのではないかと思います。

今回の課題は、ほとんどの方が提出してくださり感謝&感動!その分沢山の

トーク集が皆さんのお手元に届く予定になっています!これから、ぞくぞくと

ラベンダーライラックジェード、など)他システムには出てこないような色名

がでてきますが、このトーク集資料はかなり心強いものになってくるのではない

かと思いますよ。

Blog_057  こんなに一生懸命になって

 アヴァターラやセンセーション、

 オーラライトを習得していか

 れたいと思っていらっしゃる

 勉強会のメンバーの方々に

 は、毎回心打つ想いで一杯

になります。そんな方々とお時間をご一緒でき、本当に私は幸せものshineです。

改めまして、私のところにご縁があり集まってくださる受講生の方々に心より

感謝申し上げます。ありがとうございます。これからも、初心忘れず、精一杯

色の情報をお伝えしていけたらと思っています!のでこれからもどうぞよろしく

お願い申し上げますhappy01 なるべくブログも早めにアップ出来るよう努力しますcoldsweats01

***鶴岡色彩研究所のHPはこちら  http://colorist-tsuruoka.com   *** 

|

« ジュエリーライトセラピーのご案内 | トップページ | バウハウス式カラーテストコースのご案内 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/178013/41420012

この記事へのトラックバック一覧です: 5月AVATARA修了生勉強会:

« ジュエリーライトセラピーのご案内 | トップページ | バウハウス式カラーテストコースのご案内 »